« 「農業法人全国秋季セミナー2008inぎふ」パネルメモ 12/4 | トップページ | 「農業法人全国秋季セミナー2008inぎふ」基調講演メモ 12/4 »

「農業法人全国秋季セミナー2008inぎふ」事例発表メモ 12/4

*************************************************
Ⅳ.事例発表(中津川)
「日本の食糧は私たちが国内と国外で確保する」
(株)サラダコスモ 代表取締役 中田智洋氏
(株)ギアリンクス
http://www.saladcosmo.co.jp/
http://www.gialinks.jp/
*************************************************

●サラダコスモ

・ミネラルを供給するのは、農業者の使命
・水耕栽培の野菜
・年間56億円出荷(日本のもやしの10%、NO.2)
・もやしが急に売れている←不況下安価な野菜として人気

○NO.2になるために何をしたか
・らむねやから始めた
・素人の怖さ、無農薬でやればいいじゃん簡単!
・10年不遇ではあるが、お客様の心を掴んだ

○自前主義
・買わない、現地に行って自分で種子をつくる
・パッケージ、物流も自前でやる、他人任せにしない
・生協等へも自分で営業
・100名のうち、非生産部門に携わる人も多い

○日本の農業は作るのは日本一だが、売りが下手=「売り」と「つくり」の両輪
○つくり上手の売り上手
○付加価値を高める

---------------------------------------------------

●ギアリンクス

○日本の食糧確保
○農業移民との連携(造り上手の売り下手)
○MADE BY JAPANESE構想(和蘭はどこではなく誰主義)
○21世紀の農業移民、平成の農業移民構想

ギ:岐阜のギ
ア:アルゼンチンのア

・南米の日本移民農家
・1250町歩
・すぐに有機認証、欧米、JASとリンクし有機農産物として輸入できる
・地力がある(太陽と土が違う)
・パラグアイでも米作(パラグアイでも可能性がある。世界一農地が安い)

---------------------------------------------------

●地場の農業について
・平地はない、土地は荒れてる、高齢者ばかり、人は来ない

○チコリ村(工場)
・教育、観光型生産施設
・10,000人/月訪問
・1億2700万本/年売る予定(1本/人)

----------------------------------------------------

|

« 「農業法人全国秋季セミナー2008inぎふ」パネルメモ 12/4 | トップページ | 「農業法人全国秋季セミナー2008inぎふ」基調講演メモ 12/4 »

○徒然日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114416/43509709

この記事へのトラックバック一覧です: 「農業法人全国秋季セミナー2008inぎふ」事例発表メモ 12/4:

« 「農業法人全国秋季セミナー2008inぎふ」パネルメモ 12/4 | トップページ | 「農業法人全国秋季セミナー2008inぎふ」基調講演メモ 12/4 »