« 静岡大学大学院は来週から 1/6 | トップページ | 七草粥で邪気払い 1/7 »

常識、既成概念に囚われないこと 1/6

我が家には、トレッキングシューズなるものが数種ある。ハイカット、ローカット、ミドルカット、底が柔らかいもの、グリップがきくもの・・etc。以前ハイキングに行く際、選んで履いていた。しかし今は、街も、ハイキングもランニングシューズで快適に過ごしている。

山歩きは下りの際、滑らないように、そして足首を守るということで、「靴」が非常に重視されている。底が固く、足首を覆うのが吉、というのが長年の「常識」だった。大学時代から山登りをしている私はその「常識」を規範に行動していた。

が、「毎日が山歩き」というサイトを見てから私の「常識」は変わった。ランニングシューズで、足の裏の感覚を最大限活かして歩きを楽しんでいる。下りはつま先で歩くと全く膝にも負担がかからない。理にも適っている。

時にゼロベースで、常識や慣例を疑うことも必要だ!と改めて感じた。

毎日が山歩き
http://bv-bb.net/bonvivant/yama/index.html

|

« 静岡大学大学院は来週から 1/6 | トップページ | 七草粥で邪気払い 1/7 »

○Run&Walk&チャリ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114416/43664257

この記事へのトラックバック一覧です: 常識、既成概念に囚われないこと 1/6:

« 静岡大学大学院は来週から 1/6 | トップページ | 七草粥で邪気払い 1/7 »