« 2011年4月 | トップページ

太平洋岸自転車道(浜松~焼津)を走る準備をしました

Img_1372

Img_1393
 
Img_1373

浜松から実家のある焼津まで、太平洋岸自転車道を使ってサイクリングしようと、まずは自動車で調査しました。

浜名湖サイクリングロードもそうですが、自転車道の整備保全状況は場所によってばらつきがあり、ボコボコ砂まみれだったり、一般歩道だったり、道が途切れていたり。今空前のサイクリングブームで多くの人に来てもらえるのにもったいないなあ、と思います。でも安全を担保できる点、一般歩道よりはデコボコは少ない点は魅力です。

この手のサイクリングロードは国土交通省の大規模自転車道に当たるらしいのですが、関東地方のガイドブック・地図は市販されているものの、東海地方のものは古書しかなく、7000円程度もします。買えません。

静岡県のHPに案内とpdfでダウンロードできる地図がありました。pdfが大判でしかもポスター印刷できない仕様なのでちょっと見にくいですがA3で縮小印刷しました。

●静岡県/サイクリングロードの整備(地図がダウンロードできます)
http://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-230/anzen/jitensha/cyclingroad/index.html

準備万端、
風が少ない天気の良い日に浜松~焼津約100kmの行程をチャリチャリ行ってみます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サービス産業生産性向上ポータル(経済産業省)

経済産業省では、サービス産業生産性向上ポータルを立ち上げています。

その中でサービス業務改善標準フレームワークが示され、チェックリスト改善マニュアルなどの実践的なツールも用意されています。

サービス産業生産性向上ポータル
http://www.meti.go.jp/policy/servicepolicy/service/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JCSI利用方法説明会(サービス産業生産性協議会)

5/18サービス産業生産性協議会主催の、JCSI利用方法説明会に参加しました。JCSIは、日本版顧客満足度指数:(Japanese Customer Satisfaction Index)の略です。

JCSIは従来の個別企業の満足度調査と違い、他業界を含めた比較検証により経営目標としての顧客志向評価に活用できます。また米国のACSIをモデルにして日本版にアレンジしたのものです。

●ACSI
○観測変数
・全体的な累積満足
・事前期待との一致
・理想との一致
○調査法
電話

●JCSI
○観測変数
・全体的な累積満足
・選択に対する満足
・生活の豊かさへの貢献

○調査法
インターネット

認知度の高い一企業向きで、中小企業への個別活用は難しそうですが、業界の顧客満足度傾向や、自社での満足度調査、KPI項目の設定の参考にはなりそうです。

サービス産業生産性協議会
http://www.service-js.jp/cms/index.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静岡県BCP普及研究会総会のセミナー「東日本大震災の被災地報告」2

5/16静岡県BCP普及研究会総会のセミナー「東日本大震災の被災地報告」に参加しました。
第2部「静岡県東部地震を(震度6強)を体験して

株式会社アマダ 富士宮総務人事部長 稲葉雅一氏の講演。
http://www.amada.co.jp/

アマダは以前より防災意識が高く、対外的には地域活動や防災関係の資格取得(危険物取扱資格、防災士)などを推奨し、内部的にも安全衛生委員会組織にて、BCP推進分科会および防火防災防犯部会を設置し、非常時における富士宮事業所参集基準、東海地震突発から復旧ストーリー設定などを行ってきた。

●東北地方太平洋沖地震の影響と気づき
停電13時間20分

(1)本社との連絡がとりにくいので、拠点独自の判断が必要になる
(2)電機担当者、復旧担当者にコンタクトが集中し応対に追われ、業務にかかれない
(3)出張者の安否確認の手段がない
(4)遠方通勤者のために宿泊施設を確保したが、家族が心配で保安要員以外そのほとんどが帰宅をした。
(5)グローバル企業のサプライチェーンの一翼を担っているが、自分のことで手いっぱいで製造本部としては役割不足だった
・取引銀行のATMが使用不可

●静岡県東部地震の影響と気づき
停電3時間20分
ダクト、天井落下、コンセントショートなどの被害
全停電のためにレンタル発電機を使用、福島から取引先が出荷來者支援物資を渡す(喜ばれたのは菓子パン)。
*レンタル電源については、予め契約していたものではなく、震災直後早急に価格度外視で調達したもの。

(1)地震強い工場、建屋の中は安全という神話の崩壊
主要な柱を富士山岩盤に岩着しているが、直下型は落下物が多い
(2)参集基準の見直し。最低限のメンバーの再検討。
(3)非常用電源で貯水タンクからの給水は可能。
(4)女性社員のトイレ使用で水の利用量は嵩む。
(5)非常用電源優先順位は守る。サーバー⇒パーツセンターとなっていたが、製造優先とコンプレッサを使用した瞬間、電池が全くなくなった。
(6)TV会議システムはビニュアルで被災状況を伝えることができるので非常に有効である。
(7)報告、連絡は窓口の統一が必要である。通常の指示系統とは別にする。
(8)内部体制の不均衡が露呈した。部署により連絡体制、連絡方法の不備がある。
(9)早期復旧のために部門間で状況をシェアする。復旧していない工場に取引先のトラックが進入するなどのトラブルあり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

静岡県BCP普及研究会総会のセミナー「東日本大震災の被災地報告」1

5/16静岡県BCP普及研究会総会のセミナー「東日本大震災の被災地報告」に参加しました。

富士常葉大学 社会災害研究センター 池田浩敬氏の講演。

企業BCPというより、「東日本大震災の被災地報告」の支援課題の整理が中心。以下講演概要。

静岡県は、岩手県を中心に支援、遠野市に「静岡県現地支援対策本部」を立ち上げた。遠野市では日常から広域ネットワークが形成され、他地域に比して相対的に被害が小さかった等の点が、拠点となった理由である。遠野市を拠点に、支援環境の手薄である大槌町、山田町を支援した。

地域対地域の対口支援を実施したが、予め仕組みを考え億などの課題も残る。

*対口支援
被災県や自治体を分担して長期の継続的な支援を目指す「対(たい)口(こう)支援(ペアリング支援)」と呼ばれる手法を導入している。中国・四川大地震で中国政府が用い、復興への成果を上げた手法で、時々のニーズに応じたきめ細かい支援を行えるのが特徴とされている。

●支援に課題としては、以下の課題が明確になった。
(1)一義的には市町村が災害対応
(2)今回のように市町村が行政機能を失った場合の補間機能は県?
(3)支援部隊の被災地行政への遠慮
(4)被災地行政はニーズの支援ニーズを明確化する時間ない、要請した場合の費用負担
(5)支援部隊が長期滞在ではなくローテーション
(6)支援部隊は各地混合編成
(7)被災地行政でトップ、幹部を失い、意思決定ができない
(8)被災地行政および支援部隊が法的に定められていないことに対して動けない

○大船渡の課題
・集団移転については住居だけでなく、住職どうデザインすればいいのか、総合的にデザインする必要がある。

●震災による企業への影響
(1)自社被災
(2)仕入先被災
(3)顧客被災
(4)需要減少
(5)電力不足による制約
(6)風評被害
(7)交通インフラ被災による輸送コスト上昇
(8)原材料コスト上昇

●対象とするリスクとセキュリティレベルの設定
(1)リスク頻度
(2)セキュリティ・レベルの設定
(3)リスク頻度を考慮したセキュリティ・レベルの設定

●震災を受けての企業防災・事業継続の基本的な考え方
(1)万全とくことばが使わない
万全と言った途端に思考停止が始まる。
(2)想定は、想定に過ぎない
(3)対策効果はオールオアナッシングで考えない
防潮堤があったにもかかわらず甚大な被害は発生した。しかし多少なりとも避難時間を稼ぐことができたのではないか。
(4)支援から学ぶ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長浜ツーデーマーチ40km+40km完歩

Img_1346_2

Img_1342

5/13.14と長浜ツーデーマーチに2日間参加しました。
http://www6.ocn.ne.jp/~biwako/2day1.html

花粉による気管支炎なのでランニングができず、楽しくウォーキングしながら鍛えようという魂胆です。

1日目は、長浜市内から中山道をぐるりと回るコースで、2日目は余呉から長浜まで戻ってくるコースです。いづれも40km、若干アップダウンのあるコースですが、風も爽やかに吹きとても楽しく歩けました。

お昼時間の休憩所では、山菜料理や味噌汁を振舞っていただき、本当に美味しかったです。ありがとうございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWは山中湖で過ごしました

Img_1304 Img_1213

毎年恒例GWは山中湖で過ごしました。湖畔を歩いたり、自転車に乗ったりと休日を過ごしました。今回はパンフレットに沿ってパワースポットサイクリングで巡ったり、充実していました。震災以来何となく気が滅入っていたのがリフレッシュしました。

霊峰富士で命の洗濯!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ