IT投資評価ガイドライン(経済産業省)

ある企業さんの社内研修で経済産業省(実作業JUAS:日本情報システムユーザー協会)がまとめたIT投資評価ガイドラインを活用しました。

http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/softseibi/(test)ITinvestment-valuationGL.pdf

大変ボリュームが多い文書ですが、評価のタイミングと評価のポイントを整理した個所を中心に活用するとわかりやすいかもしれません。その他ユーザー満足度調査などチェックリスト類も充実しています。

p27図表2-3-4 個別IT プロジェクトにおけるIT 投資価値評価ポイント

○評価のタイミング
A.構想・企画段階(事前評価1
B.開発実行段階(事前評価2
C.開発完了後(事後評価)

○評価の視点
1.経営戦略との整合性
2.投資費用
3.投資効果
4.プロジェクトマネジメント

○チェックリスト
p29図表2-4-1 A 構想・企画段階(事前評価1)における投資評価チェックリスト
p50図表2-5-1 B 開発実行段階(事前評価2)における投資評価チェックリスト
p84図表2-6-2 C 開発完了後(事後評価)における投資評価チェックリスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【IT経営】SRM(システム・リファレンス・マニュアル)、CIOにお奨め

090119_094901001_2
写真は、SRM(システム・リファレンス・マニュアル)第1巻。全2巻。

SRM(システム・リファレンス・マニュアル)は、ユーザ企業の情報戦略担当者がITを活用した経営戦略等を策定する際のリファレンスとして作成されたものだ。JUAS(日本情報システム・ユーザー協会)がまとめたところからも分かるように、経営戦略の理解からITの活用まで、そしてIT投資のリスクなどがユーザーの視点で整理されている。CIO育成教材を作成する際もかなり参照したものだ。

ITコーディネータやCIO(候補含)にはぜひ目を通していただきたいドキュメントだ。またユーザー理解を深めようというベンダーに参考になるものだ。

IPAの成果報告集からダウンロードできる。ただし各巻500ページを超えるので、印刷物を購入するのも手だ。印刷物はJUASから購入できる。

●IPA成果報告集からダウンロードできます。
○SRM第1巻(2004年度)
http://www.ipa.go.jp/about/jigyoseika/04fy-pro/chosa03.html
○SRM第2巻(2005年度)
http://www.ipa.go.jp/about/jigyoseika/05fy-pro/chosa03.html

●JUASで購入
http://www.juas.or.jp/seminar/product/p908.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)