東京マラソン記録証届く

100326_074502

東京マラソンの記録証が送られてきた。速報では35km地点での記録が抜けているが、記録証には記載されてる。説明を読むと35km地点の計測ができない人が多数いて、20kmと40kmに間をとってとりあえず記載してるらしい。

100326_074501

全完走者の氏名が入った新聞も。記念にとっておこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソン、初心者ランナー完走のポイント

初フルを東京マラソンで完走できたことに感謝しています。ボランティアの皆さん、沿道の皆さん、友人の皆さんありがとうございました。走っている途中足は乳酸たまりまくりで泣きそうでした。それでも初心者が完走できたポイントと反省点をまとめます。亀さんランナーの完走のポイントです。
タイム:5時間34分59秒
(うちスタート地点までのロスタイム約17分、トイレの待ち時間約20分、20km以降5kmごとストレッチ)

●良かった点、完走できたポイント

◎人に出場を言いまくる
自分自身にプレッシャーを掛けるように人に出場を言いまくり、ゼッケンナバーをお知らせする。途中でやめられない環境をつくる。

◎靴は底が厚く、新しいものを履
ジョグノートの連載コラム「楽しく走ってステップアップ講座」でレース直前の新品靴への交換の勧めを受けて、新品の靴で出場。厚手で新品なので衝撃吸収がすごく良く、膝は全く痛くなりませんでした。初心者の方が格好良い薄い靴底の靴を履いているのを結構見ましたが、格好より機能が大事。

◎最初飛ばさない
並び順最後のKゾーンだったので、スタートを切るのも時間がかかりますが、スタートを切っても団子状態でゆっくりから走り始めることができます。いつも走り始めは苦しいのですが、全然楽チンに走り始めることができました。

◎歩かない、ゆっくりでも走り続ける
金哲彦先生の本などでは、初心者は辛くなったら歩いての走り&歩きのサンドイッチ走法を薦めていますが、モードを変えなければいけないのでこれはかなりしんどい。ゆっくりでも走り続けた方が気持ちも切れないし、楽なような気がします。

◎最後の坂道上りは歩く
終盤の佃大橋から橋3ケ所の上りだけは早歩きでやり過ごしました。30km試走会の時にアドバイスでいただいたことを実践しました。既に足は疲労のピークなので、上りは走っても歩いてもスピードはさほど変わりません。最後まで体力をつなげるには良かったと思います。

◎給食は持参する
カーボショッツを持参しました。給食のタイムングはスタート30分前、10km、25km、35km地点。エネルギー切れになることなく走れました。

*カーボショッツがお薦めです。100%マルトデキストリンという成分(100%はこれだけ)で、急激に血糖値が下がる危険を回避できます。チョコレートや羊羹などを食べると血糖値が急激に上がり、その後急激に下がることがあるのです(体験済)。そうすると身体機能も著しく低下します。

◎20kmを超えたら次の5kmを目途に頑張る
中盤以降気持ちが切れないように、20km過ぎたらとにかく次の5kmまで止まらないで頑張る。目標を小刻みにすることで小さな達成感があり、次に進めます。5kmごと関門がありタイムを計測するので、位置情報サービスで知人にここまでがんばったよとお知らせする気持ちも持つことができます。35km以降は一気に行きます。

◎20km地点から5kmごとストレッチをする
時間のロスが気になるかもしれませんが、5km走りきったらそこで足を中心にストレッチをします。まず屈伸、そしてとにかくゆっくりじっくり伸ばす!これかなり効いて次の5kmの走り出しが楽になったような気がします。

*大会終了後は足がどうにかなりそうでしたが、走り終えた直後にストレッチを若干でもやったこと、5kmごとのストレッチが幸いしてか、翌日午後時点で殆ど筋肉痛がありません。膝痛などその他痛みもありません。

◎軽やかなクラッシックをお伴に
ゆっくりランの初心者のお伴はクラッシックがお薦めです。クラッシック200曲集めたCDをプレーヤーで聴いています。スタートの時最初の曲だけはお気に入りの曲(私のお気に入りはモーツアルトのヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219、ゆっくり軽やかな走り始めにぴったり、アップテンポの曲は気分は高揚しますが、初心者がやってしまう走り始めオーバーペースになりがちなので凶かもしれません(経験有))。

◎ハーフ時点で曲をリセットする
今回気持ちをリフレッシュするために、ハーフ時点でまた最初の曲から聴くようにリセットしました。今からハーフ大会を走るんだ、と暗示を掛けました。いつもスタート時に聴いている曲から始まるので、これはモチベーションアップに役立ちます。

◎雨対策は万全に
記事を参考に
http://mind-forest.cocolog-nifty.com/narumi/2010/03/post-e2d6.html

▲気がついたこと、反省点

△トイレは号砲の直後に
コースに出てからのトイレは混みます。私は約20分待ってトイレにやっと入ることができました。号砲直後スタート地点ではなく、会場内のトイレに走る人々がいました。これは大正解だと思います。皆スタートをめざしている時にはトイレは空いているでしょう。次回は号砲直後に会場内のトイレでゆっくりしてからスタート地点を見習いたいと思います。20分も待つことは無いでしょう。

△初心者ランナーは超ボリュームゾーンなのでなかなか自分のペースで思うように走れません。人の間をぬって走ることになるので覚悟が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソン雨対策(初心者向き)

昨日の東京マラソンを走って、冬のマラソン雨対策として用意したらいいものをまとめます。今年の東京マラソンは雨で、スタート前の待機時間約2時間弱雨に打たれていました。雨対策が体力消耗を防ぐ鍵になります。

◎半透明のレインコート(100均)
・惜しげなく途中で捨てることができます。
・初心者ランナーはショートタイプよりロングタイプ。ショートタイプはタイツが濡れて寒くなります。
・またフード付、紐付。雨が強い場合、紐を締めて帽子の上からすっぽり被ることができる。
*注意事項:フード付はかぶらないとフードに水が貯まります。水を貯めて走っているランナーが結構いました。
・超薄手タイプがお薦め!
・袖にゴム付(ビニール手袋に水が入るのを防ぐ)
△ゴミ袋は待機時間にずぶ濡れになり、とても寒そうでした。⇒ゴミ袋とレインコートを重ねて来ている人がいました。一枚づつ脱いでいくのは賢い!下にゴミ袋、上にレンコート。

◎ビニール手袋
100301_063501

ビニール手袋は必須です。ランニング手袋の上から着用します。手が全然冷たくならなくていいですよ。

◎靴カバー
100228_071902

ビニール袋を筒状にして足首でセロハンテープで止めています。待機時間にスーパーの袋履いている方もいましたが走り出す時に脱いでいました。これだと靴底は外に出ているので、このまま走れ、不要になったら途中するっと脱げます。

その他帽子は必須です。

またレインコートなどを捨てる時は給水所のゴミ箱に捨てましょう。給水コップやレインコートが道に捨てられていました。片づけて下さる方がいるのを忘れないようにしましょう!こんなことが許されるのはオリンピック選手位ですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

東京マラソン完走!

100228_174602

東京マラソン、初フルマラソン完走できました。嬉しいです。ボランティアスタッフの皆さん、沿道の皆さん、そして声援を下さったお友達の皆さま。本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソン、雨対策

100227_171802

祈っても現実はやってくるので、雨対策を一応した。雨の日に大会に出たことは一度もない。いろんなサイト情報をヒントに考えた。

●100均で購入
・超薄手のレインコート、ゼッケンが見えるように半透明&がさばらない&途中で捨てることができる。
・超薄手のポリ手袋、手袋が濡れないように。

●その他
・45リットルのゴミ袋も2枚用意している。いざとなったらゴミ袋を被る。
・帽子は被る。

●懸念事項
・靴?、ビニール袋を被せる?一応ビニール袋に細工をして持っていく。
・長袖か半袖か?気温は低そうだけど、長袖雨に濡れると更に寒いかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソン、並び順は最後

100227_165101

いよいよ今夜寝たら東京マラソン。お天気が相変わらず心配だけど祈るしかないだろう。ゼッケンNOのK、走る順番が一番最後だからスタート地点まで到達するまでにかなり時間かかりそう。最低関門でひっかからないようにしよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソンの衣装

100226_224903

100226_225402

雨が降っている。雨が上がるのを祈るばかりだけど、東京マラソンの衣装のシュミレーンをしてみた。お天気や気候によるけどランドレを着たい。おてんき・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソンの受付終了

100226_180901

100226_225101

夜友人のカツトシと東京マラソンの受付をしにビックッサイトにでかけた、スポーツ会社のブースが沢山出て賑わいでいた。いよいよ。

制限時間ギリギリの時間で申請したためか、スタート地点が一番後ろ。スタートを切るまで随分時間がかかりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)